夏は睡眠の質が下がる!?快適に過ごすための夏寝具とは【ガーゼケット編】

こんにちは。おもてなしねむり研究所・研究員のシバタです^^

暑くなってくると寝汗をかいたり、なかなか眠れなかったりして、夏は睡眠の質が落ちやすいと言われています。そこで今回は、どうして夏になると睡眠の質が落ちやすいのか、そして夏でも睡眠の質を下げないために、快適に過ごすための夏寝具をご紹介いたします♪

 

なぜ夏は睡眠の質が下がるのか


夏に睡眠の質が下がる原因は気温や湿度が高く、入眠するのに時間がかかったり、寝苦しくて何度も起きてしまうことにあります。また、暑いからと低い温度でエアコンを設定したり、湯船につからずにシャワーだけで済ませてしまったりすることでますます睡眠の質が下がってしまうのです。

 

ガーゼケットは夏に最適

そこでおすすめなのがガーゼケットです。ガーゼケットを夏におすすめする理由は、

  • 通気性が良く、ムレにくい
  • 吸湿性が良い
  • 洗濯で風合いアップ

です。

そもそもガーゼとは、細い綿(コットン)を粗く織った柔らかい布で、通気性が良く、吸湿性も良いことから、医療にもよく使用されてきました。何重にも重ねて織られた多重織りガーゼケットも最近では多く、またガーゼケットそのものの人気も年々増えてきているのも事実です。

 

ガーゼケットの特徴

  • 通気性が良く、ムレにくい

これが私がガーゼケットをオススメする最大の理由です。夏は特に暑くて寝汗をかきます。通気性の悪いものだと体と寝具の間で熱がこもり、ムレやすくなってしまいます。ガーゼケットは目の粗いガーゼを使用しているため、非常に通気性が良いものが多いです。

 

  • 吸湿性が良い

吸湿性とは、空気中から湿気を吸い込む性質のことをいいます。ガーゼケットの素材である綿は、汗などの水分を吸収し、発散するという性質を持っています。汗をかいても吸湿性が良くないとベタついたり、ますます汗をかいてしまい不快に感じてしまいます。人間は寝ている間にコップ1杯の汗をかくと言われていますので、夏に限らず吸湿性の良い寝具を使うと良いでしょう。

 

  • 洗濯することで風合いアップ

洗えば洗うほどふんわり柔らかくなるガーゼケットは、肌触りも抜群。柔らかい素材なので薄着で寝る夏場でもお肌を傷つけずに気持ちよく眠れます。またボリュームが増しても重さは変わらないので体に負担をかけることもありません。

 

私がオススメするガーゼケットはこちら↓

クムコ 6重織ガーゼケット

cumuco(クムコ)は愛知県の三河地方で作られたガーゼブランドです。和さらしという特殊な晒し方法を用いて晒されたガーゼを、天然由来の加工を用いて柔らかくふわふわに作られた6重織ガーゼケットです。6重なのでボリュームがありますが、その反面とても軽く、重さを気にせず羽織れます。カラーも8色、ガーゼケットにしては珍しいはっきりとした色合いのものもありますので、きっとお好みのガーゼケットを見つけられると思います。

 

いかがでしたか?

年々、夏の暑さが厳しくなってきており、夏向けの寝具も増えてきております。今後も寝具屋さんならではのお話をしていけたらいいなぁと思います^^“"

以上、研究員のシバタがお届けしました。またお会いしましょう♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です