風邪をひくのは睡眠中 寝ている間の簡単風邪対策

風邪は眠っている時に引きやすいのです!

寒い日の朝、起きたときに「のどが痛いな」「熱っぽいな」「だるいな」と風邪をひいたことを自覚する人は多いと思います。

なぜ、睡眠中は風邪をひきやすくなるのでしょうか。

口を開けたまま寝て、喉が乾燥してしまう

睡眠中は、鼻やのどの粘膜をなるべく乾燥させないことが大切です。

風邪の原因は80~90%がウイルスの感染と言われていますが、
200種類以上ある風邪ウイルスの多くは、乾燥によって軽くなり、空気中の飛散量が増えるためです。

口呼吸は乾燥を招きます
鼻呼吸をする人と比べてみましょう。

鼻水は1日に約1ℓも分泌されており、そのうち約7割は鼻を通る空気を加湿するのに利用されます。
鼻水が取り込んだ空気に湿気を与えることで、体内に入る空気の湿度は90%以上に高められます
口呼吸ではこれほど湿度を上げることができず、口腔内を乾燥させてしまうのです。

また喉の粘膜が乾燥すると、唾液による消毒作用が弱まり炎症をおこしやすくなるので、ウイルスを防御する力も衰えてしまいます

こうしたことが重なって、特に空気が乾燥する冬場は、夜口を開けて眠ると風邪をひきやすくなってしまうというわけですね。

冷えた寝汗が、体を冷やしてしまう

人は眠りに入るとき、汗をかいて体の内側の体温(深部体温)を下げ、脳や体を休ませるです

ですが、汗を吸わない衣類や寝具を使っていると、かいた汗が冷えて体の表面を想像以上に冷やすことになります
アクリルの毛布などを使っている方は注意です。

睡眠中は免疫細胞の活動が弱まる

人は眠りに入るときに深部体温を下げる」とお伝えしましたが、
そのとき深部体温がしっかり下がるほうが、質の高い睡眠になります

しかし深部体温が低くなると、白血球などの免疫細胞が活発に働けないので、どうしても睡眠中の免疫力は下がってしまっています

ウイルスを防ぐための唾液の分泌も少なくなり、ウイルスが容易に体内へ侵入できてしまうのも、免疫力低下の原因です

免疫力を上げるには

免疫力を上げるには、睡眠の質を良くすることが一番です。
睡眠中、免疫細胞は活発に働いてはいませんが、体の中でしっかりと作られます

そして睡眠の質が良いほど免疫細胞は多く作られると言われています。

しかし冬は寒さのため、睡眠の質が落ちます
これは、体が冷えていると「これ以上体温を下げてはいけない」と、放熱せずに体の内側に熱を保持しようとするからです。
これでは深部体温を下げて脳や体をしっかり休ませることができず、眠りが浅くなってしまうのです。

また血流も悪くなり、全身の細胞に栄養や酸素を送って老廃物を持ち帰るという、血液の働きが鈍くなります

質の良い睡眠( 副交感神経が優位な状態 )  質の悪い睡眠( 交感神経が優位な状態 )

睡眠中における風邪の予防には、体を温めて睡眠の質を改善することが大切なのです。

免疫力を上げるには首を温めて!

そこで体を温めるために、「首を温める」ことがポイントになります。
昔から「全身を温めるには、首を温めなさい」というように、首を温めると全身がぽかぽかと温まってきます

それは、首に大きな血管や大切な神経が通っているからなのです。
大きな血管や神経が通っている場所の中でも、特に首は皮膚が薄く、すぐに血管まで温めることができるので、温められた血液が効率よく全身に巡るというわけです。
血流が良くなり体温が上がると、睡眠の質が良くなるという仕組みです。

睡眠中、首は常に冷気にさらされている!

体を温め睡眠の質を高める=首は冷やさない
首の冷えは万病の元です。

みなさんが寝ているときのことを思い出してみてください。
体は暖かいお布団の中に入っていると思いますが、「首」は寝室の冷気にさらされていませんか
首までお布団をかぶっていたとしても、隙間から冷気が侵入したり寝返りをして布団がずれてしまうことがほとんどです。

上でお伝えしたように、首は血流を良くするための重要な場所ですから、ここが冷えていては全身が冷えて、睡眠が浅くなってしまいます

眠りが浅く、質の低い睡眠では免疫細胞もうまく作り出すことができません
首を温めて寝る」ことで、睡眠の質を高め、風邪予防に期待できるというわけです。

+保湿で睡眠中の免疫力を高めましょう

もうひとつ冬の睡眠時に行ってほしいこと、それは「保湿」です。
最初にお伝えしたように、冬の寝室はとっても乾燥していて、ウイルスが活発に活動しています

お部屋や喉を保湿することによって、ウイルスが寝室に舞い上がるのを防いだり、ウイルスの活動を弱めることができます。

睡眠中の「首の保温」+「保湿」で、寒い冬を元気に乗り越えたいですね。

理想の睡眠環境を整えて体調不良を防ぐパジャマル

眠りながら風邪対策をするには、睡眠環境診断士が開発した睡眠改善ウェア「パジャマル」をオススメします。
大きなタートルネックが首や口元を覆って、効果的に保温・保湿ができのが特徴です。

なぜ、パジャマルなのか

多くのお客様に支持されています

楽天 月間優良ショップを何度も受賞

簡単着るだけ 効果を実感

大きなタートルネックが首や口元を保温・保湿をキープ

綿100%使用 寝汗をしっかり吸い取ってくれます

素材から製造まですべて国産

環境診断士 松下紀子氏が開発

今ならなんと返品+交換保証の30日お試しキャンペーン中!!

キャンペーンを利用してパジャマルを試したい方はこちらをクリック▼

記事が参考になりましたら是非、シェアをお願いします!