シリーズ累計販売140,000枚サラフ敷パッド他「おもてなし」寝具多数販売してます!

14時までのご注文で最短翌日にお届け!

三浦雄一郎さんのエベレスト登頂成功を支えたsalaf<サラフ>

2013年5月23日(木) 日本時間 12時15分 、世界最高齢80歳でのエベレスト登頂を成功させた冒険家・プロスキーヤーの三浦雄一郎さん。
そのバイタリティ溢れる行動力は一体どこから来ているのでしょうか?
三浦さんの行動力を支える「眠り」と「健康」、そして愛用するSalaf<サラフ>について三浦さんが語ってくれました。(2012年 収録)

眠りは人生の3分の1・・・“眠りの質”は、とっても大切なんだよ。

僕は普段は夜9時に寝て朝 6時に起きる。早寝早起きは昔からです。 僕にとって「眠り」とは、よく運動して、その疲れをとるための大事な手段です。

よく言われることですが、眠りは人生の3分の1だから本当に大切です。 安眠できるかで人生の質が変わる。何より、眠りの質が高いほど行動のレベルが上がりますからね。

Salaf<サラフ>のサラッとした寝心地、これは僕の希望通りです。

人間は皮膚呼吸もしているので、寝ているときベタベタすると新陳代謝の妨げにもなる。実はベタつかないのは大事な要素なんですよ。

寝具へのこだわりは、汗っかきなのでサラッとした寝心地であること。そういう意味で、このSalaf<サラフ>は僕の希望通りですね。

家族でSalaf<サラフ>を愛用してますよ。

今は新宿の自宅や札幌の住居、屋久島のトレーニング施設でも使っています。僕は現在、2枚重ねて寝ているんですよ。(笑)

1枚でも十分快適だけど、2枚重ねるとクッション性がさらに上がって気持ちいいんだよね。サラサラ+クッション性最高だよ。

僕以外にも、家内や恵美里(長女)、雄大(長男)、豪太(次男)、家族みんな愛用していますよ。家内は今ではSalaf<サラフ>の大ファンです。

三浦雄一郎さんご愛用のサラフパッドプレミアムはこちら
三浦雄一郎氏とのスペシャル対談 サラフについて語る

三浦さんのチャレンジを影から支えつづけた
Salaf<サラフ>

「眠りを快適にする快眠寝具のブランド」Salaf<サラフ>は、2011年よりスポンサーとして支援をスタート。 三浦さんにはSalaf<サラフ>をとても気に入っていただき、新宿のご自宅や札幌の住居、屋久島のトレーニング施設でも使っていただいています。

また、三浦さんのご依頼で寝袋サイズの敷きパッドを作成。2011年11月トレーニングで登ったヒマラヤ・メラピークで使っていただきました。

今回の「MIURA EVEREST 2013」プロジェクトでは、公式スポンサー兼サプライヤーとして、Salaf<サラフ>をご提供。

エベレスト登頂に同行したスタッフの皆さまで、希望される方にもSalaf<サラフ>をお使いいただきました。

実際にSalaf<サラフ>がエベレストの山頂に行った訳ではありませんが、ヒマラヤに渡るまでの体力づくり、コンディションづくりに「眠りの面からサポート」し、三浦さんのチャレンジを影から支え続けることが出来たことは、とても光栄なことです。

Salaf<サラフ>は眠りを通じて、これからも三浦雄一郎さんを応援し続けていきます。

三浦雄一郎氏ご愛用サラフパッドシリーズはこちら!

三浦雄一郎さん<プロスキーヤー・冒険家> プロフィール

1932年生まれ。北海道大学獣医学部卒業。1966年富士山直滑降。1970年エベレスト・8,000m世界最高地点スキー滑降を成し遂げ、その記録映画はアカデミー賞を受賞。1985年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年、世界最高峰エベレスト山(8848m)登頂。当時の世界最高年齢登頂(70歳)の記録を樹立。2008年5月、75歳にして2度目のエベレスト登頂成功。2013年5月、80歳にして3度目のエベレスト登頂成功。クラーク記念国際高等学校・校長。記録映画、写真集、著書多数。

  • 知って得する睡眠コラム
  • 三橋美穂さんインタビュー
  • 寝汗でお悩みの方へ
  • お子さんの寝汗、背中の蒸れ・あせもにお困りの方へ
  • クムコベビー